月30万稼いでいるユーザーが推奨するオンラインカジノ軍資金公開

軍資金

はじめに

インターネットカジノを始めたい、という方が悩まれることとして、タネ銭、つまり資金の問題があります。
これはどのくらい用意すればいいのか、多くの方が悩まれるでしょう。
この悩みに対し明確に答えることは残念ながらできません。
何故かと言いますと、その人の状況と、やってみたいゲームによって異なってくるからです。

一般的なギャンブル軍資金では

例えば、日本では公営のギャンブルとして競馬があります。
競艇でも競輪でもいいですが、実際に買いに行かれる方は毎回タネ銭を用意していくわけではないでしょう。
中には、毎回10万円は持っていく等、決めているという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ほとんどの方は手持ちの中から掛け金を出していることでしょう。

カジノでも同じです。
趣味の延長線上としてギャンブルを行いたい、という場合は少額からで問題ありません。
むしろ、負けてもいいくらいの気分で楽しめばいいでしょう。
ブラックジャックは、数ドルからでも遊べることが多くなります。

楽しむのがメイン、あわよくば勝てればいいという方はこの辺りかた始めてみると良いでしょう。
しかし、一気に稼ぎたいという志向の方には、このような低額からの賭けは勧められません。
そのような方から見れば、本当に遊んでいるようにしか見えないでしょう。
前述の通り、競馬でも何でも、高額な配当を期待するならばタネ銭は多い方が良い、これは事実です。

軍資金の多寡に関して基本的な視点

例えば、100円しか持っていない場合、100万円稼ごうと思ったらオッズの高いところに賭ける必要があります。
つまり来る可能性が低いところで一点勝負するしかありません。
極端な例ですが、1000円、10000円程度しか持っておらず、目標を高めに設定した場合を想像して下さい。
確率で言えば1%どころか、0.1%にも満たない厳しい勝負を強いられることとなります。

しかし10万円あるなら、10倍のオッズを一点買いで100万円に化けます。
もちろん、これでも厳しいのですがだいぶ確率は高くなるでしょう。
仮に1000万円あれば、複勝などの当たりやすいものに分けて賭ければ勝てる可能性は高いでしょう。
100万円どころか、それ以上勝てる可能性も十分に出てきます。

カジノでも同じです。
目標を高く持つなら、やはりタネ銭は多く持っていた方が良い、これは間違いありません。
ボーナスというシステムがあるので、その面でも多く資金を投入するという戦略は有りです。
しかし、結局のところ利用する方の目標、そして資金を実際にどれだけ用意できるかで話は変わってきます。

ギャンブルですので、資金に借金を持ってくるのはオススメできません。
取り敢えず、少額で実際にやってみてゲームの種類、ルール、レート等を知りましょう。
まず知識が無ければ、呑み込まれて終わりです。
資金について考えるのはそれからでも遅くありません。

月30万勝っているユーザーの軍資金

最後に、たとえとして月30万勝っているユーザーが使う
軍資金を紹介していきます。

月トータルだと約10万です。
考え方としては、ベースにするゲームが100回できる金額になります。
それを基にマネーシステムと戦略を組み立てて予想額を立てます。
月に10回以上ペイアウトが100%を越えれば2倍にはなります。

詳しくはメルマガ会員向けに紹介しています。

カジノをインターネットで始めるための手順書・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る