ウェイジャーワークスの特徴を1分で理解するためのポイント

はじめに

インターネットカジノのソフトの一つ、ウェイジャーワークスには大きな特徴があります。
それが、豊富なスロット類です。
これは、ウェイジャーワークスが、IGTの子会社であることが大きく影響しているものと考えられます。
IGTは、リアルカジノのスロットマシンメーカーです。

子会社のウェイジャーワークスは、リアル店舗で提供されているものをネットカジノで
再現しています。
これが基本的な姿勢となりますので、スロット類に関しては非常に充実していました。
アメリカの「MGM Mirage」グループがインターネットカジノ界に進出した際に採用されたソフトでもあります。

このことは知名度の上昇に大きく貢献しました。
その後も「Hard Rock」グループなどで採用され、大手のメーカーで使われていたソフトウェアです。
方式は、ダウンロードが不要なFLASH形式ですので、扱いやすいという特徴があります。
 
 
 

ゲームは信頼性が高い

一方で、扱っているゲームは40種類程度と決して多くはなく、またやや癖がある傾向があります。
ゲームとしてはホイール・オブ・フォーチュンや「The Price is Right」を始めとしたスロット類があります。
ギャンブルとは無縁の方でも存在は知っている方が多い、モノポリーのスロット版などもあるのが特徴です。
これらがウェイジャーワークスの代表的なゲームとして挙げられます。
もちろん、一般的なカジノで遊べるものは揃っていると思ってもらって良いです。
ですが、前述の理由もあり、特にスロット類を遊びたいという方には特にオススメのソフトウェアでした。

ホイール・オブ・フォーチュンはフリーモードもあります。
初心者の方でも取っ付き易いソフトと言えるでしょう。
そして、多くの方が気になっているのは信頼性かと思われます。
この点でもTSTによる検査を通過していますので問題ないと言えるでしょう。

特にスロット類は、確率操作などが行われているのではないかと特に不安になる分野です。
ですが、第三者機関によってそのようなことはないと認定されています。
また、基本的に大手のカジノでしか使われていないという点も大きいでしょう。
経営がスタートしたばかりのようなところではこのソフトウェアは使われていません。
 
 
 

日本語対応されないことは日本人向けではない

恐らく、ある程度経営の実績がないとライセンスが認められないものと思われます。
ウェイジャーワークスのソフトウェアを使っているというだけで、ある程度は信頼できると言えるでしょう。
一方で、ウェイジャーワークス自体は日本語対応していないのが現状です。
アメリカ、ヨーロッパ圏の言語には対応しています。

日本は後回しにされているのか、対応する気がないのかは分かりません。
どちらにせよアジア圏での動きが少ないことは事実です。
もしソフト自体が日本語対応されれば、もっと国内で普及してもおかしくありません。
 
 
 

カジノをインターネットで始めるための手順書

・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]

・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る