ハイローラーが必ず見るオンラインカジノの安全性チェックポイント

安全性

はじめに

インターネットカジノで個人情報やクレジットカードの情報を入力するのは躊躇われるものです。
これは悪いことではなく、そのような感覚が普通であるとされています。
一方で、その普通は日本人だから感じるものと言えるでしょう。
実は、世界レベルで見れば、このような感覚の方が珍しいようです。
 
 
 

安全性の意識

良く言えば警戒心を怠らない、悪く言えば臆病であることは日本人特有のものです。
海外では、クレジットカードを含む個人情報をインターネットで入力することに躊躇う方は少ないでしょう。
良く言えば楽天的、前向きな方が多いということです。
これはどちらが良い、どちらが悪いという話ではありません。
 
世界的に見れば多数なのは入力を躊躇わない、ということです。
安全性を重視したい気持ちはよく分かりますが、怯えているばかりではカジノの利用はままならないでしょう。
そもそも、流出の原因は悪意を持ったクラッカーだったり、管理が杜撰だったりと色々考えられます。
つまり、利用者がどれだけ気をつけても情報は流出する時はしてしまうのです。

 
この辺りのリスクが嫌なら、一切クレジットカードを使わないことしか対策のしようがないでしょう。
しかし、あまりに個人情報を守らないところに情報を預けたくないのは当然の心理です。
 
 
 

ハイローラーの知人が意識している安全性の確保ポイント

では安全性を高めるために利用者が見極めるべきこととは何なのでしょうか。
それはハウスが、何を目的としているかを見ましょう。
 
インチキ、イカサマをしてでも儲けようとしているところか、ビジネスとして運営しているところか、です。
この辺りをまず見極めて頂きたいと思います。
その目安となるのが、ECOGRAなどの第三者機関に認められているかどうか、です。
他に上場しているのか、リアルで店舗を持っているのか、なども目安として挙げられます。
 
この辺りは、ビジネスとしてカジノを運営している証拠になるので、ある程度は信頼できると言えます。
そもそも、ネットカジノは色々な面で注目を浴びている存在ですので、監視の目も厳しくなっています。
前述のECOGRAだけでなく、他にもカジノの監視を行っているサイトが多くあるのです。
特に以下のようなサイトは世界的に有名です。

・「Internet Gaming Commission」
・「Interactive Gaming Council」
・「Casinomeister」

 
日本語ではないのでなかなか見る気が起きないかもしれません。
しかし、これらのサイトには多くの有益な情報が載っています。
特に「Casinomeister」はかなり厳格に規定を定めているのが特徴です。
 
それに満たない、つまり悪質であると認めた業者の情報をまとめています。
このサイトにハウスの名前が掲載されていないかはチェックしておいた方が良いでしょう。
 
 
 

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る