オンラインカジノを安全に始めるための簡単なeCOGRA確認事項

ecogra

はじめに

ecograhp
インターネットカジノを見て回っていたら、ECOGRAの名前とロゴは頻繁に目にすることとなります。
ECOGRAの正式名称は「e-Commerce and Online Gaming Regulation and Assurance」です。
オンラインを介したギャンブルを審査する機関となります。
非営利団体であり、ギャンブルが公正なものか、信用できるものなのかをチェックしています。
   

ECOGRAロゴがあるからって100%保障ではない

つまり、このロゴがあるということは、そこはECOGRAから認められたということになります。しかし、100%ではないことは注意して下さい。
勝手にロゴを使っているだけかもしれませんので、ロゴだけを見て安心しないようにして頂くと良いでしょう。しかし、ある程度の信頼度の目安にはなる筈です。
   

目安とはいっても取得審査は厳しい

インターネットを使ったカジノに慣れていない方にとっては、最も分かりやすい指標となるでしょう。
きっちりと運営されている認定されたカジノには「eCOGRA Play It Safeシール」が与えられます。
認定基準が甘いのではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そのような方はECOGRAのサイトを訪れてみて下さい。
審査基準が載せられています。見れば分かりますが、膨大な基準により細かく審査されています。
 
 
 

eCOGRAの大きな3つ

つまり、この機関に認めらているということは、それだけ今までの運営が正当であったということになります。
審査は膨大と書きましたが、要約すると大きく三つに分けられます。

一つ目は、公平性が保たれているか。
二つ目は、支払いが滞ることなく行われているか。
三つ目はトラブルが起きた時に適切な対応を取っているか、です。

 
 
 

カジノをインターネットで活用するならECOGRAを知っておくべし

ECOGRAの審査に通貨しているなら、最低でもこの三つは保障されていると言ってもいいでしょう。
そして、もしかしたらこのECOGRAにあなたがお世話になる可能性もあるのです。
ただお墨付きを与えるだけの機関ではありません。
 
認定ハウスで何らかのトラブルが起こった際に、それを仲裁するという役目もあるのです。
仲裁をお願いする場合は、公式ホームページの問い合わせフォームを開きましょう。
そこからトラブルの内容を報告することとなります。
 
トラブルを起こした利用者が報告するのですが、依頼するには色々と条件があります。
必ず条件を確認して下さい。簡単にまとめると、トラブルが起こってから2週間は経過している。お互いにトラブルを解決しようとしていた。
ハウス側に問題があると分かっている。他のところに問題を飛び火させていない。
どのような結果になろうとも受け入れると認める、等の条件があります。
 
利用者側が知っておくべきことをまとめましたが、文章が変化している可能性もあります。
利用の際は必ずご自身で確認してから仲裁を依頼して下さい。
 
eCOGRAの条件を簡単に整理してみました。

・2週間は経過している。その間にお互いで努力をした形跡がある。
・ハウス側に問題があるとはっきりしている。
・当団体(eCOGRA)以外に問題を広げていないこと
・わかりやすい文章で報告すること。感情的な話ではいけない。
・わたし達(eCOGRA)は報告をもらっていから2日営業日程度で連絡をします。また、その後一定期間に一度は連絡をいれ解決まで継続します。
・わたし達(eCOGRA)は解決にむけ最善を尽くしますが、結果に対する補償や責任をもつものではない。
・トラブルの原因追究の過程でハウスの認定を取り消すこともある。
・トラブルの途中でも交渉を終了することもあります。
・結果に対して一切の主張をしないことを約束します。

   

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る