ポーカーでペイアウト率100%を超えるため戦略手順マニュアル

親しみやすいビデオポーカー

ポーカーは恐らく多くの方が知っているかと思われます。しかし、正確なルールを知っているという方は少なくなるでしょう。
多くの方が、フラッシュやストレート、フルハウスなどの「役」は知っているでしょう。しかしゲームのルールは意外と知られていないものです。
 
これはポーカーと一括りにしがちですが、実は様々な種類があるためと思われます。一般的に最も知られているのは、ドロー・ポーカーと呼ばれる種類でしょう。
参加者それぞれに5枚ずつ裏面のまま配り、指定の枚数入れ替えて最終的に役を完成させることを目指します。そして役による優劣を競うというものです。
 
ポーカーの役は基本的にどの種類でも共通です。数多くのルールがあり、ファイブカード・ドロー、セブンカード・スタッドなどが挙げられます。
しかし、カジノでビデオポーカーを楽しみたいという場合は役を覚えていれば問題ありません。ビデオポーカーはまだあまり馴染みがなく、知らないという方も多いでしょう。
 
要はコンピュータを相手にする一人用のポーカーです。見た目はスロットマシンに近くなっています。
前述の一般的なドロー・ポーカーのルールと役をご存知なら、問題なく遊べるでしょう。ドロー・ポーカーと同じく、五枚配られ、不要だと思うカードを一回交換します。
 
そして最終的に役を完成させるというゲームです。普通のポーカーと違うという点としては、やはり一人用であるというところでしょう。
既存のポーカーだと、ディーラーといった対戦相手が必要でした。しかし、形態はスロットに近いので一人で遊べるのがポイントとなります。
 
そして、ビデオポーカーはカジノの中でも勝ちやすいゲームと言えるのです。確率をカジノ側で操作されていない限り、ある程度この場面ではこうすればいいというパターンがあります。
詳しくはジャックスオアベターのページで紹介しますが、例えばツーペアがある時はこうしましょう。
 
役も何もないですが、ジャック以上のカードがある場合はこうしましょうといった具体例が示されています。もちろん、それに従えば必ず勝てるというわけではありません。
何事も裏目に出てしまう可能性はありますが、ある程度勝負の目安が明かされているのは大きい利点です。絶対にとは言えませんが比較的勝ちやすいゲームに挙げられます。
 
もちろん、滅多にお目にかかれないですがロイヤルストレートフラッシュが出る可能性もあります。配当はかなりの物になるでしょう。
そこまで望むのは夢を見過ぎかもしれません。しかし、長くやっていればストレートフラッシュぐらいなら来てもおかしくありません。
   

カジノの基本・ポーカー入門編

ジャックポットシティの無料ゲームで練習してみましょう。オンラインカジノでは無料で実際のゲームの練習が出来ます。初めて遊ぶ方やルールを覚えたての方などはお試しで遊んでみるといいですね。
 
ポーカーは古今東西のカジノに置いて基本的なものでトランプさえあれば出来る身近なゲームです。そのため学生時代に友達と遊んだことのある人も多いのではないのでしょうか?
ポーカーは手堅く儲けることも、一攫千金を狙うこともできるカジノの常道とも言うべきカードゲームです。近代化されたカジノであるネットカジノでもポーカーは多くのネットカジノで遊ぶことができます。
 
ここではそんなポーカーの魅力と攻略法を基本からお教えしたいと思います。ポーカーの魅力はロイヤルフラッシュを始めとするジャックポット(ポーカー用語で大当たり)にあります。
確率計算した高い戦略性や損切を含めた計画性など単なる運勝負ではない緊張感があるのも魅力です。ただし統計的に見ると最終的なペイアウトで利益を出すのが難しいゲームでもあると言えます。
 
そんなポーカーの基本戦略としてしばしばあげられるのが『ジャックス・オア・ベター』を利用した戦略です。ジャック以上のワンペアのことで完成するジャックス・オア・ベターはポーカーでも馴染み深い役です。
ネットカジノで行われているビデオポーカーの機種としても人気で最も標準的な機種とも言えます。そのためビデオポーカーではこのジャックス・オア・ベターのベーシック・ストラテジーが重要となります。
 
ジャックス・オア・ベターが長期的に99.5%以上のペイアウト率を誇ります。しかし更なるペイアウトを目指すならばダブルアップを活用することも視野に入れるといいでしょう。
ダブルアップはポーカーで役を成立させた際の勝ち金を賭けて行うゲームです。手持ちの札より大きいか小さいかを当てることによって掛け金を倍々に増やしていくことができます。
 
ただし負ければ掛け金は全て没収されるためダブルアップはハイリスクハイリターンな勝負と言えます。ビデオポーカーにもこのダブルアップは採用されており、ネットカジノでも行うことが出来ます。
このダブルアップは基本的に運の要素が強いため手堅く儲けたい人からは敬遠されています。
 
しかし、ビデオポーカーの特徴としてゼロハウスエッジゲームになっていることがあります。ゼロハウスエッジとはハウスエッジ、カジノでの手数料がないゲームの事です。
通常はこの手数料を引いてペイアウトを算出します。そのため最終的な目標金額によっては普通にポーカーするよりも勝利確率が高くなっているのです。スリルと知略を両立したゲームであるポーカーを楽しんでみませんか?
   

カジノの攻略法・ジャックスオアベターのペイアウトについて

ネットカジノに置いてジャックオアベターのポーカーは最もポピュラーで人気な機種と言えます。そのためネットカジノで勝とうと思うならばジャックオアベターの攻略法を身に着けることは必須です。
ここではビデオポーカーの攻略法、ジャックオアベターの攻略法を説明したいと思います。
 
ジャックオアベターを攻略するには機種選びも重要です。カジノにあるビデオポーカーには様々な機種がありますが、それぞれの理想的なペイアウトは異なってきます。例えばBoss Media(ボスメディア)と呼ばれる機種には同じ機種でも2種類があります。
 
それぞれNew Version とOld Version と呼ばれていますがペイアウトは異なります。New Version のペイアウトは99.5%とOld Version のペイアウトが95.4%となってきます。
この2は特に間違いやすいため気を付けなければいけないため注意しましょう。また全く同じ機種でもペイアウトは異なるため機種選びは慎重に行う必要があります。
 
例えばReal Time Gaming と呼ばれる機種は同じ機種でもカジノ毎にペイアウトが違います。Real Time Gaming はカジノ側によって払戻金の設定を変えられるため異なってきます。
これは複数の機種を置いている場合、それぞれの機種によって役の払戻金が異なってくるためです。
 
カジノによってはこの機種のフラッシュやストレートの配当が低くなっている場合があります。その場合ジャックオアベターを用いたペイアウトも大幅に変わってくるため注意が必要です。
このように同じビデオポーカーでもカジノによっては大きく扱い方が変わってきます。そのためまずはカジノを利用する際はどのような機種がどのような配当であるのか確認することが重要です。
 
ただ全ての機種を一から計算するのは大変ですよね。そこで覚えておくポイントとして「フルペイジャックス・オア・ベター」と言うものがあります。
フルペイとはフルハウスの払い戻しが9倍、フラッシュの払い戻しが6倍の事です。そしてフルペイジャックス・オア・ベターはフルペイが適用されたビデオポーカーの事を言います。
 
主にMicrogaming やPlayTech と呼ばれる機種がフルペイの仕様に該当します。これらのフルペイ機種のペイアウトは99.5%になるため初めて利用するカジノでは目安しましょう。
フルペイの仕様と比較して低い場合は、ストレートやフラッシュの配当が落とされている可能性があります。これ等の資料を参考に最高率のペイアウトの機種を選択することから始めましょう。
   

ソフトウェア別理想ペイアウト Payout
Microgaming (single hand/multi hand) 99.54%
PlayTech (single hand/multi hand) 99.54%
CryptoLogic (single hand/multi hand) 98.25%
Boss Media old version 95.48%
Boss Media new version 95.48%
OddsOn 99.54%
888Holdings(Random Logic) 98.25%
Real Time Gaming 99.54%
NetEnt (old single type ,PREMIUM type) 99.56%
NetEnt (old multi type) 98.54%
Grand Virtual 99.54%
WagerWorks Lucky Draw 99.54%
WagerWorks Phantom Belle 96.15%

   

ソフトウェア別払い戻し表
Software type Micro Play Cryp Boss old Boss new
royal flush 800 800 800 1000 800
straight flush 50 50 40 50 50
four of a kind 25 25 20 20 25
full house 9 9 9 7 9
flush 6 6 6 5 6
straight 4 4 4 4 4
three of a kind 3 3 3 3 3
two pair 2 2 2 2 2
jacks or better 1 1 1 1 1
nothing 0 0 0 0 0
Software type Odds Rand RTG Net
type1
Net
type2
royal flush 800 800 800 800 333
straight flush 50 40 50 40 50
four of a kind 25 20 25 20 25
full house 9 9 9 9 9
flush 6 6 6 6 6
straight 4 4 4 5 4
three of a kind 3 3 3 3 3
two pair 2 2 2 2 2
jacks or better 1 1 1 1 1
nothing 0 0 0 0 0
Software type Grand iCrys Online Wager
Lucky
Wager
Phantom
royal flush 800 800 500 800 800
straight flush 50 50 45 50 50
four of a kind 25 25 25 25 25
full house 9 9 8 9 7
flush 6 6 6 6 5
straight 4 4 4 4 4
three of a kind 3 3 3 3 3
two pair 2 2 2 2 2
jacks or better 1 1 1 1 1
nothing 0 0 0 0 0

   

カジノの攻略法・ポーカーのベーシックストラテジーについて


カジノの攻略においてベーシックストラテジー(基本戦略)を見定めることは重要です。特にビデオポーカーではジャックスオアベターの機種が多いためそれに沿った戦略を立てることが重要です。
ジャックス・オア・ベターのベーシック・ストラテジーを利用した際のペイアウトは99.5%と無視できない数字です。ここではネットカジノにおけるジャックスオアベターのベーシックストラテジーを説明したいと思います。
 
ネットカジノにおけるビデオポーカーのベーシック・ストラテジーは大きく16パターンに分けられます。もっと複雑難解なパターンのもありますがペイアウトはほとんど差がないためメジャーなのはこの方法です。
手順はカードが配られたら16パターンのうち出来るだけ上位で組み合わせのカードをホールドします。
 
ロイヤルフラッシュ、ストレートフラッシュ、フォーカードが揃っているときはそのままホールドします。揃っておらず後1枚でロイヤルフラッシュの場合は役の札をホールドし、他の札をチェンジします。
フルハウス、フラッシュ、ストレート、スリーカードが揃っている場合はそのままホールドします。このように上位の札が揃っている場合はホールド、上位が狙える場合は役以外の札をチェンジしていきます。
 
この優先関係が1から15の15通り存在します。この際気を付けておかねばならないのがハイカードの存在です。
ハイカードとは数字の高い札の事でJ、Q、Kの絵札にAの札が主に該当します。幾つかのパターンではJ以上のハイカードのみホールドする場合があるため覚えておくと良いでしょう。
 
またジャックスオアベターのベーシックストラテジーではマックスペットでのプレイを推奨します。ロイヤルフラッシュ等の高配当の役はマックスペットの時のみ払い戻しが通常よりも大きい場合があります。
このためマックスペットしないと理論上の期待ペイアウトである99.5%を下回ることがあるのです。
 
Microgaming の機種を例にマックスペットの払い戻しの差を見てみましょう。通常は払い戻しはロイヤルストレートフラッシュで250倍となっています。
しかしマックスペットの場合、ロイヤルストレートフラッシュの払い戻しは800倍となっています。またマックスペットの金額が大きくなりすぎると言う場合はコインバリューで調整するといいでしょう。これらのベーシック・ストラテジーを駆使してカジノを攻略に駆り出てみては如何でしょう?
 
 
 

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る