バカラで安定的に勝った戦略を1日でマスターする方法

バカラで稼ぐならこのカジノがおすすめ

魔物とも呼ばれるバカラ

ニュースでカジノの摘発などの映像が流れるのは目にしたことがある方も多いでしょう。そのような場面でよく使われているのが、バカラです。
バカラはカジノのゲームの中にあって「魔物」と呼ばれることもあり、危険なギャンブルとなります。大負けする時にはとてつもない数字を出すでしょう。

ジャックポットシティの無料ゲームで練習してみましょう。
オンラインカジノでは無料で実際のゲームの練習が出来ます。初めて遊ぶ方やルールを覚えたての方などはお試しで遊んでみるといいですね。

近年でも、バカラで億単位のお金を使ってしまった会社役員の方の話はテレビで取り上げられていました。特に気をつけなければいけないゲームの一つです。
バカラとは、トランプを使ったゲームですが、自分で戦略を組み立てるというものではありません。どちらかと言えば競馬予想に近いゲームです。

バンカーと呼ばれる胴元役と、プレイヤーと呼ばれる客役のどちらが勝つかを予想するゲームになります。この説明だけでは、何故「魔物」と呼ばれるのか分からないかもしれません。
その理由はバカラという言葉に由来しています。バカラとは、イタリア語でゼロを表す言葉です。

ゼロとは、つまり破産を意味しています。前述のゲームの内容からは想像もつかないかもしれません。
ですが、カジノのゲームの中でも特に高額のお金が動くことで知られています。そのため、リアルのカジノだと、バカラのみを行うVIP部屋が用意されていることも少なくありません。
実際に現地まで行かなくてもバカラが遊べるカジノはありますので、「バカラをカジノでプレイする際の飛行機代やホテル代をそのままプレイ費用に回したい」といった方にとてもおすすめです。

それだけ、高額なお金が動く危険なゲームであるということです。前述の摘発などでバカラの映像がよく流れるというのも、高額なお金が動くゲームだからと考えられます。、
まず真っ先に槍玉に挙がるのでしょう。更に、ゲームの性質として止め時を見失うということがよくあります。

引き分けというケースもありますが、基本的にバカラはどちらが勝つかを賭けるゲームです。何も考えなくてもおよそ1/2の確率で当たるというこのバランスが、罠となっていると考えられます。
つまり、負け続ければ普通は撤退します。余程入れ込む方でも、まるで勝てずに資金の半分が無くなったとなったら冷静になる場合が多いでしょう。

それが普通です。しかしバカラは確率的に一定数は勝ててしまうのです。勝てるから、止められなくなってしまい、気がついたら資金はゼロになっている、これがよくあるバカラで破産するという仕組みではないでしょうか。

そんな現実のお金持ちをも破産させるバカラはネットカジノでも定番です。リアルほど危険ではないにせよ、考えなしにプレイしては飲み込まれてしまう可能性が高くなるでしょう。
当サイトではそんな「魔物」に立ち向かうための準備や解説などを用意しています。よく読んで確認して下さい。

バカラのメリットとデメリット

バカラは、悪評が一人歩きしている印象があります。実際、バカラでお金を失ったという話には事欠きません。
何も知らない方からすれば危険なギャンブルなのではないかという印象がつきまとうのでしょう。そして、その話の半分は正しいと言えます。

現実で行われるバカラは危険であると断定してもいいでしょう。非常に多額の金額が動くとされており、またカジノでも別室で行われることが殆どです。
実際の現場がどのようなものか、詳しいことは分かりませんが異様な空気なのは間違いないでしょう。大金と、その場の空気が判断力を失わせる大きな原因と言えるのではないでしょうか。

しかし、ゲーム自体はギャンブルの初心者でも楽しめる内容になっています。というより、多かれ少なかれ皆さん似たようなことはやってらっしゃるでしょう。
もちろん、お金を賭けているという意味ではなく、例えばテストでどの問題が来るか予想をしませんでしたか?いわゆる山を張るということは多くの方が経験しているものと思われます。

バカラも、実は同じものなのです。むしろ、バカラの方がシンプルと言ってもいいかもしれません。
バカラは胴元であるバンカーとプレイヤーのどちらが勝つかを予想するゲームです。参加者とプレイヤーがイコールではないのがポイントとなります。
バカラゲームのようなスリルのあるゲームを試してみたい方はバカラが無料で遊べるカジノから挑戦するのが望ましいです。

参加者は、第三者の立場からどちらが勝つかを予想します。プレイヤーは、カジノの味方でも参加者の味方でもありません。
予想するという行為自体は人間なら誰でも行うでしょう。待ち合わせ相手が時間通り来るか、といった簡単なことでも予想の対象となります。

お金を賭けはしないでしょうが「来る」「来ない」といったことを予想することはよくあることでしょう。要は、大金を賭けているという一点が問題なのであって、それを除けばそこまで危険なものではありません。
そういう意味ではネットカジノでのバカラは、リアルのバカラよりは安全と言えるでしょう。異様な空気になるということがありません。

参加者は自分のペースで賭けることができます。しかし、バカラはシンプルである故に、明確な勝ち方というものが存在しないのは確かです。実は、ルールを詳しく知っていようと、知らなくても結果にはあまり影響がないと言われています。

しかし当サイトで取り扱う以上、戦略について解説させて頂きますので、詳しく見て下さい。主に「しぼり」と「スコアカード」について学んで頂きます。なるべく優位にゲームを進められるようになって頂ければ幸いです。

バカラで稼ぐならこのカジノがおすすめ

バカラを実際にやってみた場合の流れ

バカラをインターネットカジノで実際にやってみる場合、まずルールを把握する必要があります。しかし押さえるべき点はそれほど多くありません。
実際に勝負を行う「バンカー」「プレイヤー」に加え「引き分け」の三つのどれかに賭ける、これだけです。基本的な勝負のルールはブラックジャックに似ています。

まず実際にゲームを行う人はトランプを二枚引くこととなります。重要なのは、カードの合計の値です。
バカラで使用されるのは一桁目だけですので、合計値が11なら「1」、13なら「3」となります。一桁目の数字が「9」に近い方が勝者で、同じなら引き分けです。

バカラ数え方

Aは1扱いで、2から9はそのままの数字を使います。そして、ブラックジャックと違う点としては、10以上のカードの扱いです。
バカラでは10以上、ジャック、クイーン、キングの全てが「0」扱いになっているのが特徴でしょう。しかし、実際に利用者がやることは予想です。

具体的にはどのような配当になっているか説明します。「バンカー」「プレイヤー」に賭けて当たった場合は掛け金の二倍の払い戻しとなります。
しかし「バンカー」に賭けた場合は5%のコミッションが引かれるのが一般的です。そして「引き分け」ですが、これは出る確率が前述の二つに比べ極端に少なくという特徴を持っています。

レイヤーに賭けた場合
バンカーに賭けた場合
引き分け
掛け金の2倍
掛け金の2倍※ただし5%のコミッションがひかれる
掛け金の9倍

そのためか、何と掛け金の9倍という高額払い戻しが受けられます。賭けるタイミングですが、カードが配られる前となります。
配られたカードの一枚を見て決めるといったことはできません。バカラはこの予想をするだけのシンプルなゲームです。

しかし、幾つかのハウス、カジノによってはシステムが違うことがあります。賭ける側からすれば要らない情報かもしれません。
ですが、一応バンカーやプレイヤーの流れについても解説させて頂きます。ネットカジノではバンカーもプレイヤーもCPUが担当しますので、規則性があります。

まず、ナチュラルがあるかどうかが一つの分かれ目です。ナチュラルとは、二枚配られた時点で、合計値が8か9の状態のプレイヤーがいることです。
ナチュラルが採用されていたら、この時点で勝負となります。ナチュラルが成立しない、或いは採用していない場合は三枚目を引くかどうかの判断をプレイヤーが行います。

合計点が0から5の場合は三枚目を引き、6か7の場合は二枚で勝負です。次にバンカーの処理ですが、合計点が7ならその時点で勝負です。
6以下で、プレイヤーの合計値が0から5の場合は画像を参照して下さい。

プレイヤーの合計値が6か7で、バンカーの合計値が5以下なら三枚勝負となります。6なら二枚勝負という流れになります。次にバンカーが3枚目のカードを引くかどうか判断します。

プレイヤー3枚目フロー

バンカー3枚目フロー

参考までにストラテジー表のまとめ

バンカー判断用表3枚目フロー

バカラで重要なハウスエッジ

インターネットカジノでバカラをやってみたいという方にとって、重要なファクターがあります。それはハウスエッジです。
ハウスエッジという言葉は聞き慣れない言葉かもしれませんが、日本語だと控除率とも呼ばれています。要はカジノ側の取り分のことです。

基本的にどんなギャンブルでも、主催側は取り分があります。多い少ないの差はあり、日本で一番高いのは宝くじで55%、totoが50%です。
競馬等の公営ギャンブルで20%から30%とされています。インターネットカジノの魅力的な点の一つとして、このハウスエッジが少ないことが挙げられるでしょう。

基本的に、ハウスエッジは少ないほど利用者が有利であるとされています。さて、バカラについてですが、どこのハウスであっても勝った時の基本的な払い戻し倍率は同じです。
プレイヤー、バンカーで勝てば掛け金が2倍になって帰ってきます。但しバンカーは5%のコミッションが引かれることが大半です。

引き分けで勝てば掛け金が9倍になって帰ってくる。ここはどのハウスでも共通しているところです。
では肝心のハウスエッジについてですが、まずは上の表を見て下さい。各ソフトウェアの平均値です。

数字に差が表れているのがお分かり頂けるでしょう。デック数とは、トランプの一組を一単位とした数値のことです。
シングルは一組のトランプを使う、2は二組のトランプを使うといった具合に見ていって下さい。ではこの中で最もハウスエッジが少ないところはどこか、それはシングルのバンカーです。

ハウスエッジ画像

控除率の面から言えば、デック数は少ない方が良く、また賭ける対象はバンカーが良いということになります。しかし、あくまでこれは控除率の面で見た理想的な数字ですので、勝てるという根拠にはなりません。
ただ、一応頭の隅に留めておいて下されば役に立つことがあるでしょう。画像ではまるで全てのソフトでシングルから9デックあるみたいに表記しています。

実際には、各ソフトウェアでデック数は異なります。例えば、エベレストゲーミング系は、シングルしかありません。
プレイテック系はバカラが6デック、ライブバカラが8デックです。マイクロゲーミング系は3種類あり、シングルが1種類、8デックが二種類となります。

ハウスエッジ画像

ハウスエッジ画像

ハウスエッジ画像

ハウスエッジ画像

クリプトロジック系は、8デックのみです。このように、シングルが控除率の面で良いと言っても、シングル自体が存在しないソフトでは勝負できません。控除率を重視するならば、シングルしかないエベレストゲーミング系がオススメと言えるでしょう。

バカラで使われるバカラ線を読むために

バカラ罫線の表

まずは上の画像を見て下さい。これがカジノのバカラで使われるスコアカードです。バカラ罫線とも呼ばれているこの表を見れば、過去の成績を確認することができるようになります。赤い丸はバンカーが勝利したことを意味しています。

青い丸は、プレイヤーの勝利を表しており、スラッシュ、斜め線は引き分けを指します。一先ず説明を見るのは止めて、画像の方に注目して下さい。
よく見れば、縦列には基本的に同じ色しか並んでいないことに気づかた方もいらっしゃるでしょう。中にはスラッシュがある場合もありますが、縦列は連勝を表すので、同じ色しか並ばないのです。

稀に、引き分けが入ることもあります。しかし、引き分けはこのスコアカード上では連勝を止める原因にはなりません。
その為、引き分け後に赤か青がつくこともあるのです。縦列にどれだけ丸が並んでいるかが連勝の数字となります。

画像の一番左の列には赤い丸が三個並んでいます。これはバンカーが三連勝したことを表しているのです。
逆に言えば三連勝で止まったということです。左から二番目の列を見ると、今度は青い丸が三つ並んでいます。

つまり、プレイヤーが三連勝したという意味ですね。この横線ですが、画像にもある通りこちらは履歴、つまり新しい、古いを表しています。
古い対戦成績ほど左に表示され、一番右が最新の成績です。左から右のマスに移動する条件としては、連勝が止まること、つまり逆の対戦相手が勝つことです。

前述のとおり、引き分けは連勝が止まったとは見なされませんので、右のマスには移動しません。つまりこの画像から読み取れる戦績は、まずバンカーが三連勝しました(一番左の列)。
続いてプレイヤーが三連勝(一戦目のプレイヤーの勝利で左から二列目に移動)します。次はバンカーが二連勝(バンカーの一戦目の勝利で左三列目に移動)しました。

次はプレイヤーが一勝した後に引き分け(プレイヤー勝利の時点で四列目に移動)です。その次はバンカーが一勝した後に引き分け(バンカー勝利の時点で五列目に移動)といったことが読み取れます。
覚えてしまえば、見分けるのにさほど苦労はしないでしょう。ではこのバカラ罫線が見れるようになったとして、どのようにカジノでのバカラに活かすのでしょうか。

実は明確な根拠にはなりません。ただ、統計を入手できれば、カジノでのバカラ勝負の際の指標にはなります。
しかし、統計データは信用できないという方もいらっしゃるでしょう。実際統計のみで勝てるわけではありません。参考データの一つと思って頂ければ良いでしょう。

カジノをインターネットで始めるための手順書

・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]

・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る