スロットで月10万以上安定的に勝つための攻略法導入4ステップ

ネットカジノのスロットの概要

インターネットカジノで、最も操作が簡単なのが、スロットでしょう。その割に、得られるリターンは大きいのが特徴です。
100万円単位で出ることも珍しくありません。インターネットカジノの中でも特にギャンブル性の強いものと言えます。
 
スロットと似たものとして、日本でもパチスロが存在します。この二つ、違いはご存知でしょうか?
元々は、カジノにあるスロットが元祖となります。コインを投入して、レバーを引き、回転したドラムの絵柄が揃えば当たりです。
 
突然挑戦するのも良いですが、まずはよく知ってからプレイをするのが大事です。
スロットゲーム(ボードッグカジノ)ならスロットゲームが手軽に遊べるので、挑戦してみたい時には最適です。

非常にシンプルなギャンブルと言えます。それはパチスロでも同じじゃないか、と思った方もいらっしゃるでしょう。
パチスロしかやったことがない方はそう思うかもしれません。しかし、実際のところパチスロは日本で独自の進化を遂げています。
 
まずはボードッグ(Bodog)カジノの無料ゲームで練習してみましょう。
オンラインカジノでは無料で実際のゲームの練習が出来ます。初めて遊ぶ方やルールを覚えたての方などはお試しで遊んでみるといいですね。
 似ているけど別物のギャンブルと言っても過言ではありません。例えば、パチスロでは目押しという言葉があります。
特定の絵柄を揃えるために、タイミングよく押すことを指す言葉です。そもそもこのようなテクニックが必要であるという時点で、スロットとは大きな違いがあります。
無料でスロットやブラックジャックが遊べるサイトはいろいろありますが、せっかく無料でスロットゲームを遊ぶならスロットの無料ゲームが遊べるサイトがイチオシです。
カジノにあるスロットは、客が行うのはレバーを引く、ただそれだけです。引いてしまえば、後はせいぜい神頼みするぐらいしかありません。
つまり純粋に運で勝負するのがスロットです。それに対し、パチスロは前述の目押しというテクニックを知らない方がやった場合、大きく損をします。
 
目押しを知っている人がやった場合と比べたら一目瞭然でしょう。また、得られるお金にも差はあります。
パチスロで大勝ちした場合、10万円を越えれば凄いという評価が得られるでしょう。スロットはその比であはりません。
 
数千万円という桁違いの数字が飛び出すこともあり、億を狙える場合もあるでしょう。これはジャックポットというシステムがあるからです。
正確にはプログレッシブジャックポットと呼ばれるこのシステムについて説明させて頂きます。これは簡単に言えば負けた人が打った分、賞金が積み立てられるというものです。
 
誰かが獲得すれば、ジャックポットはゼロに戻り、再び積み立てが開始されます。インターネットのスロットでも、基本的にはリアルカジノのスロットと同じシステムが使われています。
高額の賞金が獲得できるのも、ジャックポットがあるからです。
 
しかし、そのシンプルさ故に、利用者はただクリックを繰り返すだけとなります。この辺りはパチスロをやられている方の場合、退屈に感じるかもしれません。ですが、カジノの代名詞的な存在とも言えますので一度は体験してみるのも良いでしょう。
   

スロットのメリットとデメリット

カジノに慣れていない方が、まず行うゲームがスロットではないでしょうか。理由としては、一人で遊べるという点が挙げられます。
テーブルゲームはディーラーとやり取りを行う必要がありります。そのため、事前に相当下調べをしていないとなかなか挑戦しづらいものです。
 
その点、スロットは人と話す必要はありません。また、ルールも極めてシンプルで、コインを入れてレバーを引くだけとなります。
初心者の方が遊びやすいゲームと言えるでしょう。また、初心者の方向けではありますが、ジャックポットというシステムがあります。
 
このシステムのお陰で、高配当を狙える点も魅力です。特にリアルのカジノでは桁違いの金額が出ることもあり、初心者に限らず挑戦する方は多くいらっしゃいます。
インターネットカジノでも、スロットは定番のゲームとして親しまれています。ハウスやソフトによって種類が豊富なのも魅力の一つと言えるでしょう。
 
ネットカジノでは、リアルほどジャックポットによる積み立てが行われていないようです。そのため、そこまでの高額配当は期待できません。
しかし、あくまでリアルと比べての数字であり、100万円クラスなら当たったという声もよく聞かれます。一方で、退屈なゲームであることもまた事実です。
 
パチスロは、演出が派手ですしテクニックもある程度は必要となります。一方、カジノにあるスロットは本当にレバーを引くだけとなります。
インターネットカジノでは、このデメリットをカバーするために様々な機種が登場しています。特に盛んに行われているのが、有名作品とのコラボレーションです。
 
海外の映画やアメコミなどがその対象です。しかし、中には「エヴァンゲリオン」といった日本発の作品を題材としたスロットもあります。
また、ハウス側からすればスロットは看板商品と言えます。そのため、ボーナスが設定されている場合が多いでしょう。
 
しかし、メリットだけではありません。当然ギャンブルである以上デメリットもあります。
まず前述のとおり、スロットは基本的にテクニックも何もありません。いわゆる駆け引きといった要素が排除されいるので、そういうものを好まれる方には向いていないでしょう。
 
純粋に運が物を言うギャンブルです。ソフトウェアとスロットの特徴などを知る必要はあります。しかし、打つスロットを決めてしまえば、あとは利用者ができることはなくなってしまいます。
 
運の要素が強いため、何も分からなくても勝てる可能性がある一方で、負ける可能性も高いギャンブルです。ハウスの収益で一番多いのはスロットであり、ペイアウト率が低いということは覚えておいて下さい。
   

スロットを始めるにあたって

スロットの操作は、リアルでもインターネットでも非常にシンプルです。ネットカジノではベット額を決めて、クリックするだけとなります。
ではスロットについて情報を集める必要がないのでしょうか。それは違います。
 
確かにスロットはカジノで提供されている他のゲームと比べれば覚えることは少ないです。それでも知識は必要となるでしょう。
まず、スロットと一口に言っても、色々種類があります。しかし、カジノで現在主流なのは二種類です。
 
一つ目はビデオスロットと呼ばれるもので、リール部分が5つで構成されているのが大きな特徴となります。そして二つ目は、昔ながらのスロットを再現したリールスロットです。
リールの数は3つである場合が多くなっています。クラシックスロットとも呼ばれており、デザインもシンプルなものが多くなります。
 
これは昔ながらの雰囲気を再現しているものと考えられるでしょう。他にはプログレッシブと呼ばれている、蓄積型のジャックポットを搭載したスロットもあります。こちらは配当に期待ができる機種です。
そしてフルーツマシンよ呼ばれる、スロットと、いわゆるすごろくが合わさったようなゲームも存在します。
 
これらは全てまとめて「スロット」と称されることが多いですが、それぞれに違う特徴があります。好みや払い戻しの金額などと相談して打つ機種を決めて頂ければ良いでしょう。
スロットは、日本にあるパチスロと外見、プレイスタイルなどが似ていると思われるかもしれません。しかし、共通点はあまりありません。
 
同じなのは、リールの絵柄を揃えるという点ぐらいではないでしょうか。パチスロはそのためにテクニックが必要となってきます。目押しはパチスロを行う上での必須テクニックですが、これはスロットでは存在しません。パチスロ用語の連チャン、当たりが継続することもありません。
 
ストックタイムことST、アシストタイムことATなどもありません。掛け金の面でも大きく違います。パチスロは3枚で1ゲームが基本なのに対し、カジノでは利用者が決めることができるのが普通です。このように、細かいテクニックは基本的に必要がないので、覚えることは比較的少ないゲームです。
 
しかし、ベット額の計算については式を紹介しておきます。基本的に、システムが自動的に計算してくれますので覚えておいた方が良いとまでは断言できません。ですが、大当たりを期待するなら頭の中に入れておいた方が良い情報となります。
 
ベット額はコインサイズに、ベッドライン数、ラインズベットを掛けた数字です。

ベット額 = コインサイズ × ベットライン数 × ラインズベット

 
前述の通り、計算は自動で行われますので、必要がないと思われたのなら無理して覚える必要はないでしょう。
   

スロット攻略のポイントとは

カジノのスロットは、細かいテクニックが必要なものではありません。ベット額を決めて、クリックすれば後は運に期待するしかありません。
そのため、スロット攻略のポイントは別の箇所にあります。まず、信頼できないネットカジノのスロットは打たないことです。
 
当サイトの記事を読んで頂いた方はお分かりでしょうが、確率を操作するというルール違反行為はあります。特に実績のないハウスやソフトウェアだとその可能性は高まるでしょう。
まずそのようなスロットを選ばないこと。そして信頼できるハウス、スロットを見つけてからは下調べです。
 
つまり、当たった際の払い戻しはどれぐらいが期待できるのかをまず調べましょう。ジャックポット、ボーナスフィーチャーがあるのか、この辺りの下調べも必須です。
これは、一歩間違えれば取らぬ狸の皮算用となります。逆に言えばスロットはそれだけ、利用者が考える余地が少ないと言えます。
 
結局のところ、いくら考えても当たるか当たらないかは運です。どれだけ考えても、プログラムの前では無意味となります。
それならば当たった時のことを考えるというのは間違った考え方ではありません。他のゲームで、勝つことを前提にするのは危険ですが、スロットの場合は別です。
 
では次はハウスも打つスロットも決まったとして、実際にどのようなことに注意するべきかです。これについては前述のとおり運が重要である以上、やれることは少なくなります。
しかし、少しでも当たる確率を上げる、当たった時に大きく勝てるようにすることはできます。それは、マックスベットで賭けることとなります。
 
弱気な人だと、負けそうな気がするから少額で賭けるといったことを行うかもしれません。これは実はあまり良い方法とは言えません。
当たった時のメリットを最大限受けられるのがマックスベットです。ジャックポットやボーナスフィーチャーについて調べた方なら分かるかと思われます。
 
実際、ジャックポットを達成したのにマックスベットではなかったというケースは実際に起こっています。今では後悔しているという嘆く方もいらっしゃるくらいです。
当たった時のことを考えて、常にマックスベットで賭けるのが基本でしょう。逆に言えば、マックスベットで賭けられないほどお金が無い惜しかったりする場合は勝負を避けるのも手です。
 
そのような状態のままネットカジノのスロットで勝負するのは避けた方が無難でしょう。しかし、常にマックスベットだとお金の減りが早いのは確かです。そこで、ベット額の調整はコインサイズで行います。
既に実践したい方にはオンラインスロットがおすすめです。
 
ベッドライン数、ラインズベットを減らさないようにして下さい。スロットはビデオスロット、リールスロットの二種類が主流です。ライン数に大きな違いがありますので、よく調べてから本番に臨みましょう。
 
 
 

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る