バカラのコツは数学的計算力?

バカラは他のカジノゲームに比べてハウスエッジ(控除率)が少ないので、比較的勝ちやすいと言われています。
バンカーかプレイヤーのどちらが勝つかに賭けるだけなので、特にコツというようなものはありませんが、確率で考えるとバンカーが勝つ確率の方が高くなります。

引き分けは配当が高いので魅力的ですが、それだけ勝つ確率が低いということで、滅多に当たることはないから賭けないというのも勝つコツでしょう。
バカラのハウスエッジは、トランプのセット数によって多少異なります。

ドランプのセット数のことを「デッキ」と言いますが、バカラでは1デッキ、6デッキ、8デッキでゲームを行います。
デッキ数によってハウスエッジが変わってきます。

8デッキ、6デッキの場合、バンカーに賭けた場合のハウスエッジは1.06%、プレイヤーに賭けた場合のハウスエッジは1.24%と同じですが、引き分けに賭けた場合、8デッキは14.36%、6デッキは14.44%になります。
1デッキの場合は、バンカー1.01%、プレイヤー1.29%、引き分け15.75%になります。

バカラは自分で戦略を考えてプレイするゲームではないので、ブラックジャックのように攻略法やコツのようなものはありません。
ただし、勝つか負けるかを選択するので、数学的な計算を理解していると有利になります。

バカラの場合、プレイヤーが勝つ確率は44.62%なので、負ける確率の方が少し高くなっています。
引き分けになる確率は9.53%と非常に低いのですが、全く引き分けにならないということはありません。

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る