バーレイ法で攻めのプレイ

ブラックジャック、ルーレットで使える守りの必勝法であるマーチンゲール法なんだけど、この方法論の対極の存在が、今回紹介するパーレイ法だ。
マーチンゲールは負ける事を前提で倍々で賭けて行って、負け続けていてもいつか勝った時に負けた分を取り返すっていうやり方だよ。
一方でパーレイ法は、勝った時の配当をそのまま次の勝負に使う方法で、コロガシ法だとか、逆マーチンゲール法とも言われている。
競馬やルーレット、ブラックジャックとギャンブル全般で使われる事が多い。

例えば、2倍の配当で1ドルずつ賭けていったとすると、1勝すると1ドルもらえるから、次の勝負は2ドルずつ賭けていく。
2勝目では2ドルもらえるから、次の勝負は2ドル+2ドルで4ドルずつ賭けていくから、勝率の高いゲームになるほど、パーレイ法で連勝すると戻ってくる金額がかなりの高額になるんだ。
確かに元資本も必要なんだけど、当たった時の額がすごいからこれぞギャンブルって感じ。
デメリットとして連勝しない場合は、痛い目見ちゃうんだけど、ギャンブル好きにはこのギリギリの勝負がたまらないよ。

統計的に見ても、パーレイ法は勝率が高くないんだけど、当たった時の額が跳ね上がるから、勝負に出て苦戦している時の引き際が難しい。
他のゲームで勝って資金がある時や、気分転換に試してみたいなーって時には、ルーレットやブラックジャックでこの方法を試してみると楽しめると思うよ。
他の紹介サイトなんかには、他の方法論と組み合わせて遊ぶやり方がオススメされているね。

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る