カジノのブラックジャックで特色あるベット方法とは?

カジノの定番ゲーム・ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーの駆け引きがポイントとなります。
ただし、お互いが同じ条件の下で駆け引きしているわけではありません。
ディーラーはカードの点数が21点以下なら何点であっても、カードを追加で受け取る必要はありませんが、ディーラーは17点を超えなければ、カードをどんどん追加していかなくてはなりません。
その一方で、プレイヤーとディーラーの双方がバーストしてしまった場合は、ディーラーの勝利になると言う特徴があります。

カジノの置けるブラックジャックには、プレイヤーだけが行えるというベット方法もあります。
例えば、その1つがダブルダウンと呼ばれるものです。
まず最初の2枚が配られた段階で、「これは勝てるかも」と思うときがあるでしょう。
そんなときに、ダブルダウンと呼ばれる、最初にベットした金額と同じ額をさらに増額して賭けるという方法を使うことで、ヒットできるカードはあと1枚までと制限はされるものの、一攫千金のチャンスをより高めることが出来ます。

また、スプリットと呼ばれる方法もあるんですよ。
最初にディーラーによって配られた2枚のカードが、たまたま同じものであったとき、それを2つに分けて、それぞれで組み合わせを作ると言う方法です。
この場合、それぞれにベットしなければなりませんが、自分自身が持っているカードが強いカードであれば、勝てるチャンスを二倍に出来る半面で、弱いカードであっても、分けることで勝てる可能性を高め、より損失を減らせる可能性を高めることが出来るのがスプリットで、カジノのブラックジャックの1つの特色あるベット方法なんですね。

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る