カジノ法案と株価の関係5分で理解するためのポイントまとめ

2013年、カジノ法案により公営カジノの実現が現実味を帯びてきました。臨時国会で提出されることが決定し、2014年の通常国会で審議されることが決定しました。
まだ正式に成立はしていませんが、成立後の経済効果は数千億から数兆円規模とされています。そのため既に市場に動きが出ており、関連ニュースが流れるごとに株価は変動しています。
 
カジノ一つ作るのにもハード製作にソフト製作、セキュリティ会社に運営会社と様々な企業が関わります。更に日本の公営カジノは東京五輪の観光客をターゲットにしているため観光業界や航空会社も関わってきます。
またカジノ建設には大手ゼネコンも注目しており、建設業の株価も影響を受けてきます。これだけでも多くの業界が関わっていますが、更に下請けや建材の鉄鋼業なども影響を受けます。
 
実際にカジノ法案のニュースが流れた直後複数の株価がストップ高になったこともあります。この流れは今年と来年、当分続くとされ、カジノ法案が正式に審議されるときは荒れると予想されています。
特に株価が注目されているのが日本金銭機械と呼ばれる会社で金銭管理の処理をする機械を作っています。
 
金銭管理の処理をする機械は日本製がほとんどで、海外のカジノでも多く利用されています。カジノでは独自の紙幣やメダルを処理するためにこの機械が必要になってきます。
そのためこの業界で高いシェアを誇る日本金銭機械は注目されています。
 
株をやっている方はカジノ法案のニュースをチェックし、市場の動きに備えるといいでしょう。
 
 
 

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る