議員の知人から聞いたパチンコ業界が受けるカジノ法案の影響まとめ

パチンコは現在でも黒に近いグレーゾーンとして問題視されています。特に特殊景品を換金する三店方式はギャンブル性が高く問題となっています。
しかし、カジノ法案が成立するとこれらの事情も少々変わってきます。
 
パチンコ業界は長くなるためここでは割愛しますが複雑な事情が入り組んでいます。そのためすぐさまパチンコが合法化されるのは難しいと言えます。
特にカジノ法案はギャンブル依存症や治安の悪化が問題視されているため扱いが難しいと言えます。実際にどのように公営カジノを出すのか実施案も決まっていないのも判断が難しい理由の一つです。
 
ただしカジノ法案にパチンコが全く無関係かと言えばそうではありません。カジノにはパチンコ機種が取り入れられる可能性があり、市場でもこの業界は注目されています。
特にダイナムは次世代のパチンコを開発し2014年には海外への輸出も視野に入れています。海外カジノでのパチンコ導入がされれば実績となるためこれからの成長が期待されています。
 
また公営カジノは公営と言えども、カジノの運営ノウハウはありません。そのためパチンコ企業に運営を任せるのではないかと言う動きもあり注目されています。
このようにカジノ法案によってパチンコは形を変え残っていくのではないかと思われています。
 
現在、カジノ法案は2020年の東京五輪の後押しを受け実現間近まで迫っています。しかし依然として問題点も残っているためこれからの展開から目を離せません。
 
 
 

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る