ニュース速報で話題沸騰のカジノ法案をまとめてみました

分析

公営カジノ法案の話題は数年前からありましたが、2013年遂に現実味を帯びるニュース速報が流れました。
2020年の東京五輪が決定したことも後押しとなりカジノ法案が永田町に法案提出されました。
11月の総会で法案を正式に決定するとされ、新たな景気の起爆剤としても期待されています。

実際に国際観光産業振興議員連盟、通称カジノ議連の動きも活発化しています。
カジノ議連はカジノ業者を規制する「管理委員会」の設置やカジノ法案の推進法案の提出も行っています。
またカジノを中心したリゾート開発も見込める事から観光業界も活発化し、動きが現実味を帯びています。
その経済効果は数兆円以上も見込めるとして現在、実現に向けて着々と動いているとみられています。

カジノ法案は東日本大震災の復興支援の一環にもなるとされており様々な業界から注目されています。
実際にカジノ法案のニュース速報直後に関連銘柄は動きを見せています。
11月の総会にも動きを見せるとされており、各業界はニュース速報から目が離せない状況となっています。

 

ただし一方で治安の悪化や景観を損ねるとして懸念の声が上がっているのも事実です。
現在実現に向かって着々と進むカジノ法案ですが、何が問題になるか分かりません。
特に一部団体からは天下り先を作ろうとしてると痛烈に批判されています。
現在実現に向けて動き出しているだけに、中止か実現かの瀬戸際と言えます。

日本初の公営カジノ誕生なるか、これからのニュース速報から目が離せません。

カジノをインターネットで始めるための手順書
 
・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]
 
・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る