1分で理解できるカジノ法案のポイント

近年、統合型リゾート(IntegratedResort)、通称カジノ法案の動きが活発化しています。
東京オリンピック決定が後押しするのもあり、11月の総会で提出される見込みとなっています。
数年前から公営カジノ設立は噂されていましたが、近年実現化に着々と進んでいます。
ここではそんなカジノ法案の動きを見てみたいと思います。

首相が最高顧問に着いている超党派の国際観光産業振興議員連盟、通称カジノ議連。
カジノ議連では臨時国会にカジノを解禁するための法案提出を会合で確認しました。
来年の通常国会の審理を経て、成立することを目指し動いています。
カジノ議連の会合には200人以上の議員や業界関係者が出席しています。

設立すれば上記にもある通り2020年の東京オリンピックまでにカジノ1号を開業する見通しです。
またカジノ法案では公営カジノだけではなく宿泊施設や飲食施設などのリゾート関連にも力を入れる予定です。
これによって日本のカジノ業界はマカオに次ぐ規模になり、経済効果も数兆円規模と目されています。

ただ一方でカジノ法案の動きに懸念を示す層がいるのも事実です。
景観や治安に不安を覚える人や議員の天下り先になるのではないかと痛烈に批判する人もいます。
実際にカジノ法案の中身が正式に設立する際、どのようなものになるのかも現状不明です。
そのため日本のカジノ業界の参入の可否が決まるこの法案の動きは国内外から大変注目されています。

カジノをインターネットで始めるための手順書

・オンラインでカジノを始めるために必要な老舗資金管理口座サービスの導入マニュアル
資金管理口座NETELLERの完全マニュアル[画像]

・オンラインカジノを始める人のためのボーナス付きで無料会員登録の方法
当サイト限定のカジノボーナス付きの無料会員登録手順はこちら

今月のおすすめカジノ

この記事の著者

CHAQ夫オンラインカジノで稼ぐ力を3日で学ぶサイト運営者

不動産業界でサラリーマンをしながら、ギャンブルで副業をしています。月30万円くらいを平均的に勝っています。自分が得た情報を一人でも多くの人と共有したいなと思って色々サイトを運営したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る